社員インタビュー

現場監督見習い

  • FUJIWARA YUYA

    出身 舞子高等学校出身
  • 現在3年目 頑張ってます!

    令和2年4月1日入社。
    令和2年4月から兵庫県立舞子高等学校環境防災科を卒業し 株式会社友興組に入社致しました。
    防災や減災についての勉強を高校3年間学習してきました。防災工事も手掛けるこの会社で、工事の面で地域貢献したいと思い入社しました。
    全く分からないところからのスタートでしたが、周りの方々に助けられながら、日々勉強中です。
    ゼネコンの下請け工事を経験し、現在公共工事(元請工事)を2現場目を担当させてもらっています。
    現場監督の先輩について着工から完成までこの先もどんどん携わっていきたいです。
    皆様も私たちと一緒にがんばってみませんか?
  • ボランティア活動

    仕事を終えてから神戸ルミナリエや1.17の集いに向けて私は高校生の時から行なっているボランティアに参加しました。
    仕事に支障のないように調整しながらも 会社の協力もあり無事ルミナリエ及び1.17の集いを終えることが出来ました。
    その間多数のメディアに取り上げられ、インタビューや特集・密着を受けました。ボランティア活動で学んだことを仕事でも活かし、逆に仕事で学んだことをボランティアでも活かし、今後も出来る限り続けていきたいと思っております。
  • 建設機械も体験できますよ

    入社日初日は社内研修及び安全研修。
    会社の施設や受注の仕組み、工事完成までの大まかな流れを教えていただきました。
    初めての名刺もいただき、これからやるぞ!という気持ちでいっぱいです。
    2日目、施工中の現場を見学させていただきました。
    皆様指示を受けながらの作業ではありますが、手際よく作業されており、特に安全面を重視されていたのが印象的でした。大きな重機を流れるように操作されているのを見て圧倒されました。
    その後会社に戻り、小さめの重機を使って体験させていただき、人力と比べて効率よく土砂を掘ったりできることがよくわかったのと同時に、機械の危険性も学ぶことができました。

施工管理

  • HIRAYAMA KAEDE

    出身 神戸弘陵学園高等学校出身
  • 嬉しさとさみしさと心強さと

    この仕事はいろんな人に助けられているなと思います。
    初めて担当した工事、工期に間に合わない絶体絶命の場面で、先輩たちが助っ人を集めてくれた時は本当にうれしかった。支えてもらっていると強く思ったし、無事終わった時には何とも言えないさみしさも味わいました。どんなことも最初は不安だけれど、一緒に働く先輩や職人さん、協力会社の人に助けてもらいながらやってみることが大事だと思います。
    僕も今年は先輩になるので、「何でも聞いて!」と後輩に言えるようにがんばります!

  • 入社2年目で現場責任者に

    高校は普通科出身、専門知識ゼロで入社した僕ですが、入社2年で現場責任者を任されています。
    はじめの1年半はベテランの先輩と常に一緒。作業、写真の取り方、図面の書き方まで、何から何まで教えてもらいました。できることが増えると楽しくてやりがいも増える!今、現場を何とか回せているのも、丁寧に教えてくれた先輩や現場の人たちのおかげだなと思っています。
    工事機械の免許や資格取得の費用補助など、やりたいことは会社が応援してくれるので、これからもいろんな経験をしていきたいです。

  • 忙しいほどテンションあがります

    僕がこの仕事をしようと思ったのは、現場監督をしている父が建築の面白さを教えてくれたからです。自分で考えて仕事を進めることができる自由さに憧れました。

    友興組を知ったのは学校の求人票がきっかけ。同業の父に相談すると「これから益々発展する会社だよ」と教えてくれたので、迷わず入社を決めました。

    入社して2年、現場はとても楽しいです。忙しいほどテンションがあがって、更に楽しくなるんですよ(笑)そう思える環境が、ありがたいなと思います。

現場スタッフ

  • KYO SESSEI

  • 入社から1ヵ月

    大学を卒業し、令和4年4月付けで株式会社友興組に入社しました。
    友興組は、土木や建築などさまざまな仕事を行っており、現在私は会社近くの公共工事の仕事に付かせていただいております。
    道路を拡幅する工事で、配水管取替工事を担当させていただいています。
    施工管理の仕事は工事のスケジュールを管理するだけでなく、作業環境の整備や測量、施工中の指示などたくさんやるべきことがあります。
    私もその中で測量をしたり、図面を見たり、パソコンを使っての作業を行ったり、少しでも現場の力になれるように毎日奮闘中です。
    女性の現場職はまだまだ少数ではありますが、女性をフォローしてもらえる施設や職場の環境があるので女性も十分活躍できると働いてみて実感しております。
    現場の中では 携わった工事の箇所が、少しずつ形を変え出来上がっていくのを見ることができ、達成感や充実感がとてもある業務です。
    これからも色々な現場に関わり、知識を広めていきたいと思います。

当社で一緒に働きませんか?

当社は「労働力」ではなく、「人」を大切にすることを前提として採用活動を行っています。
入社された方を丁寧に育成していくことこそが、事業の安定や利益向上に直結するからです。
働きやすい職場を用意して、皆様のご応募をお待ちしています。

TOP